食欲不振 原因 メカニズム

食欲不振の原因とそのメカニズムについて

スポンサーリンク

食欲不振の原因とそのメカニズムについてご説明いたします。
食欲不振の原因は様々考えられますが、主に「自律神経の乱れ」が考えられます。
ストレスが溜まり、交感神経が優位の状態が続くことで、胃腸の機能は目に見えて低下します。
腸内環境が悪化すると、副交感神経の働きを高める神経伝達物質「セロトニン」の分泌量が減るため、食欲不振をはじめ様々な心身の不調に見舞われるようになります。
これが原因不明の体調不良のメカニズムです。
そのような体調不良を治すためには、自律神経の乱れを正す必要がありますが、そのためには腸内環境を正常化させることが大切です。
腸内環境を正常化するためには、ストレス解消に努めることや、乳酸菌などの善玉菌を積極的に摂ることが求められます。
また乳酸菌を摂取する際には、オリゴ糖や食物繊維といった善玉菌のエサとして働く栄養素を一緒に摂ると、効果が倍増すると考えられます。
それが手間だと感じる場合は、予めオリゴ糖・食物繊維といった栄養素を含む乳酸菌サプリメントを利用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

食欲不振の原因とそのメカニズムについて説明してきました。
本項では、自律神経を乱す生活習慣について考察いたします。
自律神経を乱すことで、様々な心身の不調に見舞われることになりますが、それを未然に防ぐためには、生活習慣が大切です。
自律神経を乱す生活習慣を続けることで、自律神経失調症を招きますが、自律神経失調症に陥ると回復まで時間を要するほか、長引くことで生活習慣病のリスクを高めてしまいます。
自律神経失調症を防ぐためにも、自律神経を乱す生活習慣に気を付ける必要があるのです。
自律神経を乱す生活習慣とは、日光を浴びない、運動をしない、飲酒喫煙、暴飲暴食、偏った食生活、睡眠不足、笑わない、人間関係を構築しない、ストレス過多な生活、などが挙げられます。
これらは何れも腸内環境を悪化させて自律神経を乱す直接的な原因となるものです。
このような生活習慣に気を付けるだけでも、自律神経失調症のリスクを減らすことができるのです。

スポンサーリンク