妊娠初期 食欲 増す

妊娠初期に食欲が増す食べつわりとは

スポンサーリンク

妊娠初期に起こるつわりには、臭いやお腹の痛みなどの症状によって食欲不振になる人が多いです。
しかし、逆に食欲が妊娠前よりも増すという症状が出る事もあり、そのつわりの事を「食べつわり」と言います。
妊娠初期に食欲が増す「食べつわり」は、食べると気持ち悪くなるつわりとは違って、何かを食べていないと吐き気がするという症状があり、それによって、食欲が増すという事が分かっています。
また、この「食べつわり」は、体重の増加に気を付けなければいけないといった注意が必要になります。
そのため、「食べつわり」の時に食べるものにも低カロリーなものを取り入れるなど、体重管理をしっかりとする事が大切になります。
更に妊娠初期は、葉酸という赤ちゃんの成長には欠かす事の出来ない栄養素や、妊娠中は血液を多く必要とするため、鉄分を多く含む食べ物を摂取する必要があるので、食事の中で葉酸が含まれている食品を使用したりする必要があります。

スポンサーリンク

この妊娠初期に食欲が増す「食べつわり」ですが、先程にも挙げた通り、体重管理をする必要があるため、どのような食べ物を食べて対処すれば良いのでしょうか。
その対処方法について説明します。
まず、妊娠初期の「食べつわり」は体重管理をしながら常に何かを食べるという対処をする必要があるので、小さめの物を何回かに分けて食べるようにすると良いでしょう。
主にどのような物を食べると良いのかというと、人によって様々ですが、小さめに作ったおにぎりや、チョコやクッキーなどの一口サイズのお菓子や、ゼリーなどが良いと言われています。
このような物を常に身の回りに常備しておき、すぐに食べられる状態にしておく事によって、吐き気を抑える事が可能になり、効果的です。
また、食事をする際にも、野菜から食べる事を心がけるようにする事で、便秘解消にも繋がります。
その他にも、食べるだけでなく、趣味に没頭する時間を作るといった対処方法もあり、気を紛れさせる事によって、食べる事を考えなくても済むようになります。

スポンサーリンク