妊娠 超初期 食欲不振

妊娠超初期症状である食欲不振とは

スポンサーリンク

妊娠初期はホルモンバランスの変化が大きく、超初期の頃には、生理前と似たような症状が現れます。
その症状は人によって個人差があるのですが、下腹部痛や臭いや風邪の症状での倦怠感などで食欲不振になります。
妊娠超初期症状は、下腹部に痛みを感じる事が多く見られており、更に普段は気にならないような臭いでも気になるようになり、吐き気が起こる事で食欲が減り、食欲不振を引き起こします。
このような症状は、つわりと言われており、生理前とよく似ているというのが特徴です。
しかし、つわりの症状は食欲不振だけではなく、逆に食欲が増える人もいます。
何かを食べていないと吐き気がする食べつわりや、食べても吐いてしまう吐きつわりの二種類があるのですが、両方とも食欲が増して食べ過ぎてしまう事で起こります。
そのため、生理前と勘違いしてしまう人が多く見られており、超初期のうちに妊娠していると気付く事が出来ない人が多いという事が分かっています。

スポンサーリンク

食欲不振が妊娠の超初期症状として現れる原因としては、妊娠を継続させるために重要となる黄体ホルモンの分泌による影響や、ホルモンバランスの乱れによって起こる自律神経の乱れなどが挙げられます。
妊娠超初期症状である食欲不振を改善させるためには、クエン酸を含む食べ物や果物を積極的に食べるようにして、食欲を増進させる効果のあるサプリメントを服用するといった対策を行うと良いでしょう。
しかし、食欲不振の中でも、水も飲めない・薬も飲めない・体重が3キロ以上大きく減った・フラフラしているなどの症状が現れた場合には、病院で入院しながらの治療を行う必要があるため、注意が必要です。
中期になる16週目からは、黄体ホルモンの分泌も落ち着いてきて、自律神経の乱れも改善され、食欲が戻ってくるため、あまり重症にならなければ注意する必要はありません。
しかし、食欲が戻ったからといって食べ過ぎると、産道に脂肪が付いて難産になる原因となってしまうため、注意しておきましょう。

スポンサーリンク