食欲不振 体重減少 ストレス

ストレスが原因の食欲不振と体重減少、その対策について

スポンサーリンク

ダイエットもしていないのに体重減少が起こった場合、体が不調であるというサインです。
体重減少の原因には、精神的なストレスがあります。
人間の自律神経には、身体活動の際に優位になる交感神経と、休養や食べ物の消化吸収の際に優位になる副交感神経があります。
緊張や不安などが続くと、交感神経が活発になり、副交感神経の働きが抑えられます。
そのため、食欲不振に陥ります。
嫌なこと、心配事があって食欲不振になるといった経験は、誰もがあるでしょう。
また、ストレスが原因の胃炎や胃潰瘍、慢性的な下痢などが起こる場合も多く、食欲不振で食事量が減ったり、消化吸収機能が低下するため、体重減少の原因となります。
特に、緊張すると下痢を起こす方は少なくありません。
食べたいと思えない、食欲不振はつらいものです。
また、食事をとれないと、免疫力も落ち、病気にかかりやすくなります。
そして、見た目にもげっそりしてしまいますので、なるべく早く対策をとりましょう。

スポンサーリンク

もし、ストレスが原因で胃潰瘍などの病気になってしまった場合は、病気そのものを治療しましょう。
しかし、原因を取り除かないと再発することがあります。
そのため、ストレスを取り除くことを考えましょう。
しかし、現代社会で完全にストレスから逃げることは不可能ですから、上手にストレスを発散しましょう。
自分の好きなことをしたり、休みの日にはリフレッシュするために出かけたり、休養をとったりして、自分に合ったリラックス方法を見つけましょう。
友達や家族、信頼できる方に話を聞いてもらうのもいい方法です。
それでも、どうしてもリラックスできない方は、専門家に相談するのもいい方法です。
カウンセリングを受けると、自分のリラックス方法が見つかる場合もありますし、専門家に話を聞いてもらうだけでも効果があります。
そして、規則正しい生活をし、適度な運動を行いましょう(病気の方は医師に相談しましょう)。
体をある程度疲れさせることで食欲が回復することもあります。
どうしても食べられない場合は、果物でもゼリーでもいいので、食べられるものを少しでも食べ、体を元気にしましょう。

スポンサーリンク