食欲が止まらない 生理後

生理前、生理後食欲が止まらないのは

スポンサーリンク

生理前や生理中、そして生理後を通して食欲が止まらないという症状があります。
女性の体は生理周期に大きく影響されやすくなっているため、食欲もそれらと関係しています。
まず食欲に影響を与えるのが、プロゲステロンといわれる女性ホルモンです。
このプロゲステロンが多く分泌されると、食欲が止まらないだけでなく味覚が変わってしまうなどの症状がみられます。
プロゲステロンは、排卵後から生理前までの期間が一番多く分泌されます。
なぜなら、女性の体が妊娠しやすいように必要な栄養素などを取り込もうとするからです。
またプロゲステロンは血糖値を下げる作用があるため、アドレナリンの分泌も促します。
血糖値が下がってしまうと、体は甘いものを欲してしまうため、お菓子を食べたくなったり甘いものを摂取したくなってしまいます。
またアドレナリンが分泌されると、栄養素を補おうとして食欲が止まらないようになってしまうなど二重で食欲を増進させてしまうのです。

スポンサーリンク

ですから、生理前には食欲に任せて食べていると体重がふえてしまうため食べ過ぎには注意しなければいけません。
空腹になってしまえば、暴飲暴食をしてしまう危険があるためカロリーの低いものなどを少しずつ食べておくのがおすすめです。
また噛みごたえのあるものを食べると、満腹中枢が刺激されて食欲を抑えることができます。
また血糖値を保つにはチアシードやアボカドが良いとされているので、積極的に摂取するのが良いです。
一般的に生理中から生理後にかけては、プロゲステロンの分泌がおさまり女性ホルモンのバランスも良くなる時期といわれています。
ただ代謝が高まる時期ですので、体が常に体温が下がらないようにするために食欲が増進されてしまうのです。
ですから、生理後だから少しぐらい食べても大丈夫、と思っているといつまでたっても生理前から体重が戻らなくなってしまった、という風になってしまいます。
生理後にダイエットしたいなら、食べ過ぎを控えバランスよく食べていると自然に痩せることができます。

スポンサーリンク