妊娠初期 食欲増進

妊娠初期の食欲増進は体重増加がより起こりやすく、対策が必要です

スポンサーリンク

妊娠初期は食欲増進が起こってしまうケースもあります。
多くの人は妊娠初期においてつわりに悩みますが、そのつわりの中でも食べづわりという症状があります。
妊娠初期において悪心や吐き気などに悩むケースが多いですが、食べづわりの場合、胃が気持ち悪く、それを抑えたいが故に食欲増進してしまうケースがあります。
 この時期の食欲増進の場合、つわりが伴っていることから偏食が起こります。
つまり、健康によいとされている食事が受け付けられず、お菓子や揚げ物といったものしか食べられないということもよくあるとされています。
つまり、食欲増進している上、偏食が起こっていることからお菓子や揚げ物といった偏った食事を多く食べてしまうこともよくあるとされています。
そのため、カロリーオーバーしやすく、その分体重も増進してしまう危険性があります。
しかも妊娠中のため、妊娠中に増量している分泌ホルモンの影響でさらに体重が増えやすくなっています。

スポンサーリンク

 妊娠初期の食べづわりによる食欲増進によって体重が一気に5キロくらいオーバーしてしまったケースもあります。
臨月までに増やしてよい体重は標準で8〜10キロとされているため、妊娠初期のしかもまだ胎児の重量がそこまでないうちに多く体重を増やしてしまったら後々の体重コントロールが難しくなります。
しかも、妊娠中は体重が減ることはなく、ダイエットも厳禁です。
そのため、食べづわり対策をいかに行うかが鍵となります。
 妊娠初期は偏食が起こるとされていますが、大抵は食べられる食事がお菓子や揚げ物といったカロリーが高いものだけという訳ではありません。
食べられる食事の中でも出来るだけカロリーの低いものを選択して、気持ち悪さを紛らわすとまだ体重増加を抑えることが出来ます。
また、自分でカロリーの低いお菓子を作って食べるのも手です。
このように、食べづわりによる食欲増進に対して少し体重増加を意識したり、工夫をすることで、大きな体重増加は防ぐことが見込めます。

スポンサーリンク