自律神経失調症 食欲不振 体重減少

自律神経失調症の症状に食欲不振と体重減少がある

スポンサーリンク

自律神経失調症が原因で食欲不振や体重減少の症状が現れる場合があります。
まず、自律神経失調症とは内臓や血管の働きをコントロールする自律神経が、様々なことが要因で乱れてしまうことから起こります。
自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、それぞれに活発な時間帯などが決まっています。
それが、逆になってしまったり一方が強くなってしまったりとバランスを失ってしまうことにより様々な症状を発症してしまうのです。
症状の一つに食欲不振になってしまい、それが進むと体重減少などが起きてしまいます。
またほかにも全身がだるくなったり、めまいや発汗、下痢などといった症状があります。
ただし、うつ病やパニック障害などといった病気と自律神経失調症は間違えやすいため安易に自分で診断することなく、このような症状が見られたらお医者さんで診てもらうことが必要になります。
自律神経失調症は沢山のタイプがあるので、タイプ別に治療してもらうことができます。

スポンサーリンク

また自律神経失調症が原因の食欲不振、体重減少などという場合なら自分で予防したり治したりすることもできます。
自律神経のバランスを整えることにより症状は緩和していくので、一番大切なのは自律神経の乱れを正してあげることが必要になります。
自律神経の乱れは、まずは生活習慣を見直すことが必要です。
生活のリズムが不規則であったり、食事や睡眠を十分にとっていないとどんどん乱れていってしまいます。
少しずつでも良いからそれらを治すことによって、症状が軽くなる場合があります。
また適度な運動やリフレクソロジーなども必要です。
体をリラックスさせてあげたりストレスから解放させてあげることが大切です。
また食べ物から治していきたいという人には、ビタミンBを積極的に摂取するのがおすすめです。
ビタミンBには神経の働きを正常にする働きがあるかです。
その他カルシウムやビタミンCなどをバランスよく摂れば、症状が緩和するだけでなくその他の治療と合わせれば自律神経失調症を完治することもできます。

スポンサーリンク