子供 食欲不振 原因

子供と大人との食欲不振の原因の違いとは

スポンサーリンク

育ち盛りの子供はよく食べて、よく寝て大きくすくすくと育っていく事が望ましいので、その子達の親としては、栄養の偏りや成長への影響を気にしてしまうものです。
しかし、その育ち盛りの時期の子供が急に食欲不振になる事があります。
その原因としては、大人と同じように身体的・心理的ストレスを始め、病気なども関係しているのですが、大人の原因との違いが存在するという事が分かっています。
その違いについて、食欲不振の原因と一緒に詳しく説明していきます。
育ち盛りの子供は、栄養の偏りや運動不足や睡眠不足などによって、成長への影響が現れます。
そのため、その子達の親としては、成長への影響が出てしまう事を心配して食事を強要しがちになってしまいます。
しかし、成長に影響を与えるという心配をしているからといって食事を強要してしまうと、心理的ストレスを与えてしまう事に繋がるので、余計に食欲不振になる事もあるため、注意が必要になります。

スポンサーリンク

先程にも挙げた通り、子供の食欲不振の原因とは、身体的・心理的ストレスを始め、病気なども関係している事が言えます。
身体的ストレスと言える口内炎・喉の痛みなどの体の健康異常や、運動不足・睡眠不足・不規則な食生活・おやつの食べ過ぎなどが挙げられます。
このような身体的ストレスがあると、大人でも食欲不振になってしまうものです。
更に育ち盛りの子供は、おやつが大好きな時期であるため、おやつを食べ過ぎてしまう傾向があるので、おやつを少なめに食べさせるようにしましょう。
心理的ストレスからくる食欲不振の原因は、悩みやストレス・味が苦手であったり、見た目が悪い・食卓が楽しくないといった事があります。
育ち盛りだからといって、食事を強要してしまうと、子供は食欲が落ちる特徴があり、食卓で話している内容などが楽しくない内容であった場合、味や見た目などの食事の内容などによっても、ストレスが溜まり、気分が落ち込んで食欲が落ちる原因となってしまいます。

スポンサーリンク