妊娠中 食欲 抑える方法

妊娠中の食欲を抑える方法とは

スポンサーリンク

妊娠中は妊娠初期の頃に起こる食べつわりや、つわりが終わった後の中期から後期には胎児が急激に成長する時期であるため、特に食欲が増加する傾向にあります。
妊娠中に食べ過ぎてしまうと、産道に脂肪が付く事により、早産や難産のリスクが上がったり、妊娠高血圧にかかる事によって、胎盤機能の低下を引き起こし、発育不良や酸素欠乏になったりなどの母子共に命の危険を伴うリスクが高まります。
しかし、食べつわりに悩まされながらその食欲を抑えるのは体に悪い事のですが、食べつわりになった時の体重増加を抑える方法があります。
お腹が空いた時に高カロリーな物を多く食べる事は避け、低カロリーなゼリーやおにぎりなどを小さめの物を食べるなどして、対処する事が食べ過ぎを抑える方法だと言えます。
妊娠中における食べつわりの時以外の食欲を抑える方法としては、1日3食を規則正しく食べるようにし、気を緩めて間食を食べないように心がける事が大切です。

スポンサーリンク

妊娠中の食欲を抑える食事方法としては、次のような事が挙げられます。
食事はよく噛んでゆっくり食べる事が大切です。
よく噛んで食べる事によって、唾液がよく分泌され、消化がしやすくなるという効果も期待できます。
また、食事をする時にはまず、野菜から食べ始めるという事が体重増加の予防には最も大切だと言えます。
その理由としては、野菜から食べ始める事で他の物を多く食べてしまう心配がなくなる事や、野菜を沢山食べる事によって、便秘解消などにも繋がるといった効果があるからです。
どうしても間食を食べたいという場合には、食べても問題はないのですが、間食は体重が増加しやすくなる原因であるので、間食の時に食べる物には注意をしておく必要があります。
おからクッキーやゼリーや寒天などの低カロリーなおやつを食べるようにして、体重が増加しやすい状況を作らないようにし、特に重要となるのは、お菓子の買い置きは絶対にしないようにしましょう。

スポンサーリンク