頭痛 吐き気 だるさ 食欲不振

頭痛、吐き気、だるさ、食欲不振の原因や対策について

スポンサーリンク

頭痛、吐き気、だるさ、食欲不振などの症状があらわれる疾患には様々なものがありますが、それと同時に息苦しさ、頻脈、動悸、めまいなどの症状を伴う場合は貧血が原因かもしれません。
貧血は、体が酸欠状態になることで起こる疾患です。
体が酸欠状態に陥る原因は、ヘモグロビンの数値の低下にあります。
ヘモグロビンとは、血液の中の赤血球の血色素のことで体内に酸素を循環させる機能があります。
このヘモグロビンの数値が低下することで体に酸素がうまく循環されなくなり、頭痛、吐き気、だるさ、食欲不振などの症状につながってしまいます。
生活に支障をきたすほどのつらい症状に見舞われてしまう人もたくさんいますし、急に立ちくらみを起こして倒れてしまうという人もいます。
そのような状態に陥るのを防ぐためには、日頃から定期的に検査をするということが重要になります。
貧血の検査は採血で行います。
ヘモグロビンの数値がバロメーターとなりますのできちんと把握しておくことが大切です。

スポンサーリンク

貧血の治療は投薬で行われ、あっという間に元気になる人もたくさんいます。
点滴や注射や内服薬で鉄剤が投与されます。
鉄剤が作用せずに造血につながらないケースの貧血もありますが、その場合は輸血を用いて治療します。
重度の場合は入院が必要になることもありますし、軽度の場合は外来で対処して内服薬の処方だけのこともあります。
治療が完了して貧血が改善されれば、頭痛、吐き気、だるさ、食欲不振などのつらい症状も嘘のように消えていきます。
そして、貧血を予防するためには日頃の食生活を見直すということも重要になります。
ヘモグロビンを増やす働きがある栄養素は、鉄分や葉酸やビタミンB12やビタミンCですので、それらが豊富に含まれているレバーやカツオやマグロや牡蠣やイワシやアサリやほうれん草や小松菜を意識的に食事に取り入れましょう。
食材からの摂取が難しい場合はサプリメントやドリンク剤を取り入れるのもおすすめです。
定期的な検査と早めの治療と食生活の見直しで貧血に負けない体づくりをしていきましょう。

スポンサーリンク