がん 食欲不振 原因

抗がん剤の副作用が原因で起こる食欲不振

スポンサーリンク

がんの治療から食欲不振となって「何も食べたくない」という人は多いものです。
その原因は抗がん剤による副作用から現れてくるもので、治療によってその副作用から食欲不振となってしまうことがあります。
しかしだからといってそのまま何も食べずに過ごしているとエネルギーを体の中に取り入れることができず、副作用のをまともに喰らって辛い時間を過ごすこととなりますため、体力を高めることができるようになるためにも何か食べることはとても大事なことです。
しかし食欲不振をわずらいながら無理して何か食べることで吐き気を感じるようになり、実際に吐き出してしまうこともあります。
そうなるとさらに体力を奪ってしまう原因となることもあるため、食べるものは厳選して食べやすいものを与えなければなりません。
とはいえ体力も抗がん剤の副作用によって低下しているため、よく噛んで食べるものはふさわしくありません。
スープやおかゆなど、のどを通しやすいものを取り入れるほうが食べやすくなることもあります。

スポンサーリンク

しかし、抗がん剤が原因となる副作用からの食欲不振に寄って食べられるもの食べられないものは人それぞれさまざまで、スープの味の濃さによって食べづらさを感じて食べられなくなってしまったりおかゆのご飯の匂いによって吐き気を感じてしまったりするなど、必ずしものどを通しやすいものが合うわけではありません。
最近ではがん治療の人のためも料理レシピ本が販売されてくるようになり、どのような食材が食べられるか載せてくれていたりします。
寿司を食べることができる人も要れば、梅雑炊が体に合うという人もいたりとさまざまで、料理をする家族などは大変かもしれませんが抗がん剤治療はいつか終了するものなので、それまで家族のためにおいしい料理を作って食べさせてあげることが心の支えとなるものです。
心の支えが存在することによって病気の治りも早くなるということもあります。
精神的な負担を軽減させることができるようになるためにも食事を取ることはとても大事な行ないです。

スポンサーリンク