うつ病 食欲不振 入院

うつ病による食欲不振で入院する目的

スポンサーリンク

近年、ストレス社会の負担増大によって精神疾患の患者数が増えています。
最も代表的なうつ病は、周囲に抱えている人がいても何らおかしくなく、患者自身も患者のそばにいる人も正しい知識を持つことが求められています。
うつ病では、身体的な症状として食欲不振が出ることが特に初期では非常に多く、食事は体の維持のために不可欠で、精神的なバランスにも関わってくるので、食欲の改善がまずは必要となります。
その際の選択肢の1つとして、食欲不振を改善するための入院という手段が挙げられます。
統合失調症など、他の精神疾患がいわゆる「急性期症状」を抑えるために入院することが多いのに対し、うつ病では日常生活を少しずつ改善していく目的で入院することが少なくありません。
食欲不振による入院は、いわば「食欲のリハビリ」のようなもので、無理をせず少しずつ食事量を増やしたり、少なくてもバランスの良い食事を取ることで、体の栄養バランスの改善を目指します。

スポンサーリンク

うつ病による食欲不振を改善するためには、入院と併せて退院後の食生活の改善も必要となります。
病院では、食事のコツや栄養バランスなどを指導されることが多いため、その指導を退院後の食生活に取り入れていくのがベストでしょう。
自分でできる代表的な食生活の改善としては、一食のバランスをタンパク質やビタミンなどの主要な栄養を意識して整える、必ずしも三食しっかり食べる必要は無く、栄養を補いながら食べられる時にしっかり食事を取るなどが挙げられます。
うつ病による食欲不振は、薬の副作用で起こる場合もありますが、ほとんどが精神的なストレスによる症状のため、病院での治療とともに環境の改善を行うことで、より一層治療の効果が高まることが期待できます。
特に入院をする場合は、家族や職場に相談することが避けられませんが、むしろそれが環境改善の絶好の機会と思い、病状や自分が抱えているストレスの原因をしっかりと伝えておくことが大切です。

スポンサーリンク