妊娠中期 食欲不振

妊娠中期に起こる「つわり」による食欲不振とは

スポンサーリンク

妊娠初期に起こり始める「つわり」ですが、個人差があるので治まる時期も様々であり、妊娠中ずっと悩まされている人もいます。
「つわり」は妊娠する事によって、黄体ホルモンの分泌が活性化され、ホルモンバランスの乱れが起きる事が原因で起こるのですが、治療法はなく、出産するまで我慢するしかありません。
妊娠中期の「つわり」は、通常妊娠中期は食欲が増える傾向が多く見られるのですが、胃のムカムカが出るというのが特徴的な症状であり、それによって、食欲不振が起こると言われています。
このような妊娠中期の食欲不振が起こる原因としては、お腹の中の赤ちゃんが大きく成長してくる時期であるので、それに伴って子宮も大きくなり、大きくなった子宮が周りの器官を圧迫し、消化不良が起こり、胃の中に食べ物が長時間滞在する事によって起こります。
また、胃のムカムカや食欲不振の他にも吐き気や便秘なども引き起こす原因となってしまう事もある事が分かっています。

スポンサーリンク

妊娠中期に起こる食欲不振は、お腹の中の赤ちゃんが成長していく事によって起こる症状であるため、嬉しい事でありながら、辛い症状と戦っていく事であると言えます。
このような食欲不振などの辛い症状を乗り越えるためには、妊娠中期には出来るだけ消化の良いものを食べるようにして、妊娠中に欠かせない栄養素である葉酸や鉄分などを摂取する事も心がけるようにしましょう。
他にも、食事をした後にすぐに横になってしまうと、胃酸が逆流を起こしやすくなるため、吐き気や胃のムカムカ感を引き起こしてしまうので、食事の後はすぐに横にならない事が大切です。
食欲が逆に増えた人である場合には、カロリーや塩分の高いものは控えるようにして、体重管理や妊娠高血圧の予防をするようにしましょう。
しかし、この妊娠中期に吐き気や痛みなどが続くといった場合には、早産の可能性が疑える事もあるため、かかりつけの産院で診てもらう事が大切であるので、注意しておく必要があります。

スポンサーリンク