妊娠 後期 食欲不振

妊娠後期におこる食欲不振の原因は何か

スポンサーリンク

妊娠もいよいよ後半になると気持ちは、いつ産まれるか楽しみが大きくなる一方で、体は食欲不振になる妊婦もでてきやすい時期です。
妊娠後期になると、体重の増加を気にしていつも以上に食事に注意をするようになります。
体重の増えすぎは妊婦にも赤ちゃんにも良い影響は与えないことを医者から言われたりすると、これから母親として無事元気に赤ちゃんを出産するためにナイーブになり、食欲不振になってしまうことがあります。
妊娠後期は出産のために体力をつけておかなければならない時期です。
体重の増加が気になるようであれば、信頼できる医者や出産経験のある先輩ママに相談してみるなどして、良い食事方法や妊婦でもできる運動などする方法を教えてもらい、不振を解消する手があります。
精神的にも良い結果になりますし、食事のストレスはない方が美味しく食べれて、妊婦や赤ちゃんの健康にとても良いです。
そして次によくある原因を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期にあったつわりが、後期にもでる人がいます。
これは、初期のつわりとは原因が違います。
まず、赤ちゃんが大きくなり子宮も大きくなり、結果として他の内臓を圧迫します。
もちろんこの内臓の中に胃があるのですが、子宮に押し上げられる形で圧迫された胃は元の大きさの3分の1までになり、思うように胃が働けなくなりますし、食べ物も今までのように入りません。
そのため、妊娠初期のようなつわり状態で食欲不振になります。
この場合の解決方法は初期の頃と同じように喉越しの良いものやすぐ消化しやすいものを少しずつ回数を多くして食べることです。
出産前になると、子宮はだんだんと下がり、赤ちゃんを産む準備に入ります。
その頃になると、胃の位置も下がり、容量ができてまた自然に食欲が戻りますので、赤ちゃんに栄養が足りなくなってしまうのではと、心配することはありません。
のんびりしながら好きなものを食べて、気持ちを楽に過ごすのが一番良いです。

スポンサーリンク