妊娠初期 食欲 無い

妊娠初期のつわりで食欲が無いときの対処法

スポンサーリンク

妊娠初期はつわりなどの症状で食欲が無い状態が続くことが多いです。
つわりは全妊婦の80%にみられる症状です。
個人差が大きいですが、初産婦や双子などの場合などに強くあらわれることが多いです。
妊娠初期のつわりが一番きつい方が多いので、食欲がないときは無理はしないで食べられるものを食べることが大切です。
つわりがおさまってきたら栄養面のことを考えるようにしたら良いでしょう。
のんびりとリラックスして過ごすように心がける必要があります。
しかしあまりにもつわりがひどくて食欲が全く無いときには産婦人科に受診しなければなりません。
ひどくなると妊娠悪阻になります。
点滴によって水分や栄養分を補給してもらったり、ビタミン剤の投与などをしてもらわなければなりません。
頭痛やめまいまたは意識障害などがあるときは、母子ともに危険な状態になる恐れがあるので注意しなければなりません。
つわりは空腹時に強く現れることが多いため、なるべくこまめになにか口にすると症状が楽になります。

スポンサーリンク

妊娠初期にひどかったつわりもいずれ症状がなくなってきます。
安定期に入るころには食欲も回復してくる方が多いです。
体重のコントロールに気をつけるように生活しましょう。
つわりがおさまると、食欲が無いときが嘘のようにたくさん食べてしまいがちです、妊娠中毒症などになる恐れがあるので気をつけなければなりません。
高カロリーや添加物の多い食品は避けるようにしましょう。
高たんぱくで低カロリーを心がけましょう。
また塩分をひかえめにすることにより、むくみや高血圧を予防することが出来ます。
胎児の発育と母体の健康維持の基礎となるたんぱく質は、タイやヒラメや豆腐などにたくさん含まれています。
その他にもカルシウムは血圧上昇を予防してくれます。
牛乳やサクラエビやしらすに多く含まれます。
低カロリーで効率よくカルシウムを摂取することが出来ます。
健康な母体と胎児の発育のことを考えて必要な栄養素を摂取するのはとても大切なことです。

スポンサーリンク