逆流性食道炎 症状 食欲不振

逆流性食道炎の症状に食欲不振がある

スポンサーリンク

逆流性食道炎の症状の一つに食欲不振があります。
逆流性食道炎とは、通常閉じている下部食道括約筋が開いてしまったり、胃と食道のつなぎ目にある噴門がきちんと閉まらなくなってしまうことにより起こります。
これらは、胃の中にある内容物や胃液などを逆流させてしまい、いろいろな症状を起こしてしまいます。
逆流性食道炎の原因はいくつかあります。
まず、暴飲暴食や食べ物の種類など食生活によるものです。
脂っこいものや甘いものなどを頻繁に沢山食べてしまうと胃酸が通常よりも多く出てしまいます。
胃酸が多くなると食堂に逆流しやすくなってしまうために原因の一つとなっているのです。
タバコや飲酒、睡眠不足などといった生活習慣です。
そしてストレスも原因の一つとなってしまいます。
ストレスにより胃腸や食道の働きが悪くなってしまうと、食欲不振だけでなく逆流性食道炎に見られる症状を引き起こしてしまうのです。
また肥満の人だったり、妊婦さんがなりやすいともいわれています。

スポンサーリンク

肥満の人や妊婦さんは、お腹がどんどん脂肪や子供で圧迫されてしまいます。
そのことにより胃腸の働きを著しく弱めてしまうからです。
それと同じで、頻繁に便秘になりやすい人も腹部を圧迫されてしまうためなりやすいといわれています。
食欲不振で、酸っぱいゲップや吐き気があるという人は逆流性食道炎を疑ってみるのが良いです。
また、日ごろからの生活習慣や食生活などを見直すことが大切です。
規則正しい生活に、脂っこいものや甘いものなどを避けてストレスフリーになれば治っていきます。
一度症状が現れると、再発しやすくなっているので根本から治すしか方法がないのです。
また、頻繁に症状が現れるという人は逆流性食道炎になりやすいものは避けたほうが良いです。
たんぱく質の多いものは消化に時間がかかるためそれだけ胃腸を痛めることになってしまいます。
またアルコールやコーヒーなどは胃酸の分泌を増やしてしまうので、避けた方が良いものとなっています。

スポンサーリンク